体感文法講座の結果出力 その1

文章は読まれてこそのものだと思うので、体感文法講座で課題として出たものを掲載していきます。
最終稿になりますので、最初に書いたものは相当ひどかったとご推察ください。手直しするとここまで読みやすくなります。

まずは第一回目の課題から。

題:改めて考えた文章とは?

 初めて講義を受けて、久しぶりにモノを書
くとはこういうものなのだと考えさせられま
した。先生が今回の項目は肝だとおっしゃっ
ていた通りで、非常に大事なことが盛り込ま
れた長いようで短い濃密な90分間でした。
 文章は読む側が主体である。ブログを書い
ていると自己満足へと陥ってしまい、読み返
すとひどい状態のまま公開されていたという
ことはありがちで、読む人の存在など考えて
いなかったのかな?と思わされるケースがよ
く見られます。これから文章を書いていく際、
十二分に考えながら書くようにします。
 ブログの向こう側にいる読者と向き合う。
これでいいのか? どうなのかと問いかけな
がら書くようにに心がけたいと改めて感じま
した。
 最大公約数の話も、非常に大きな気づきを
与えてくれました。全員を満足させることは
できないけれども、読者の気持ちになれば大
多数の支持を得られると考えたら、心強く書
けます。
 今、プロレス業界はよい方向に向かってい
るとのお話もファンとしては嬉しい言葉でし
た。だが、だからこそ批判精神を捨ててはい
けない。良きにはからえで書いていてはダメ
なんだと思い知らされました。これは自分に
対するアンチテーゼとして常に持っておこう
と思います。
 本人の前で言えぬことは書かない。当たり
前ですが、出力満足の状態では気づいていな
かったかもと反省にふけっているところです。
言葉はすべて自分に返ってくると肝に銘じて
取り組もうと思います。
 賛否両論は世の常ですが、だからこそ説明
できないことは書かない。でも賛同者を増や
す努力。それができれば読者数も増えてくる
のかなと?とも考えさせられました。そのた
めには書き続けるしかなく、最大公約数に持
っていって増やす努力を惜しまず、文章に取
り組みたいと思います。
 人と違うことをやるという話。なるほどと
思いました。飽きられたらおしまいなんでし
ょうか? 一過性を求めるよりは継続してお
こなう大切さが長い目でみたらとても重要だ
と身にしみます。
 長くやることにおいては常に整合性と、一
貫性がなければいけない。そうしなければ書
くのもままならぬと感じました。
 今は「余裕なき時代」でただ、だだ漏れの
ようなコンテンツは見向きもされないと感じ
ています。しかし信念と一貫性を持ってやっ
ていけば届くのかなという希望が湧いてきま
した。
 エンタメ業界は非日常を生業とするところ
だと思います。だからこそ納得していただか
ないと手にとってはもらえません。
 ブログも同じことで見ていただけません。
一貫性があり、矛盾点がないような文章作り
を頭に叩き込んで、これからも取り組んでい
きます。
 個人ブログをやっていると書き終わった時
点で、自己完結してしまいがちです。それで
はいけないのだということも今回の講義で叩
き込みました。読まれてからが本当の真価が
問われる。それを忘れぬように心がけていき
たいです。
 読み手の側に立って冷静になって、自己満
足に陥らないようにしながら価値のある”高
等媒体”となる文章が書けるよう、常に読者
と記事の間に立って大勢の人に読まれる作品
を目指し、今後精進していきたいと改めて感
じました。
 また文字=対価があるという意識を持つこ
と。そのためにはどうしたらいいか?という
書き方の基礎を教えていただきました。指摘
のあったところはたいてい「ああやっていた
な」と思います。これらを直してカッコいい、
自己満足だけで完結せず読者が常にいると考
えて、自然に色気と美意識があふれる文章作
成にこだわりたいと思いました。

(20字x80行・テキストエディタで作成)

広告

「体感文法講座の結果出力 その1」への2件のフィードバック

  1. 確かに仰るとおりだと思います。(前回のコメントですが、メルアド入力ミスしていました、すいません)

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中